映画タイトル:風雲児・織田信長 監督=河野寿一 脚本=結束信二 PAGE 119

(スタッフ)

製作=東映(京都撮影所)

企画=小川貴也 中村有隣

原作=山岡荘八

撮影=坪井誠

音楽=富永三郎

美術=吉村晟

録音=野津裕男

照明=中山治雄

(コメント)

この「信長」は、
一度は見ているという気がするが、
映画として見たという記憶はたどれなかった。
よく知っている話しだ。
テレビでも、なんどもやっている。
父親の葬式、家老の死、道三との対面、
そして「人生50年と」謡って舞う
信長が「今川義元」を討ちに出陣していく。

香川京子は、清楚で気丈夫な「濃姫」。
信長の錦之助は、前に見た印象はうまい役者で
颯爽とし、しかも若いが風格も貫禄もある
といったものだったが、
どうも、ちがって見えた。
晩年の大げさな演技ぶりは、
当時も同じだったということか。
もう少し、自然に演技していたように思っていた。
一心太助もいま、見ると違うのかとも知れない。
「紅孔雀」などの恐さの印象は、
この大げさ演技とか化粧法とも
関係しているのだろうか。(2001.2.4)

(キャスト)

中村錦之助 
香川京子 
月形竜之介

製作年:1959.10.25

映画館:横浜シネマ・ジャック「日本映画大全集Part2」「男優と女優」

                         

 ホーム