映画タイトル:気狂いピエロ 監督・脚本=ジャン=リュック・ゴダール PAGE 145

(スタッフ)

製作=ジョルジュ・ボールガール(フランス)

原作=ライオネル・ホワイト「オブセッション」

撮影=ラウル・クタール

音楽=アントワーヌ・デュアメル

編集=フランソワーズ・コラン

(コメント)

○一ヶ月ぶりに、ゴダールに戻ることになった。

《映画史》を8月4日にアテネ・フランセで見てから、大島渚からシネマ・ベティでの『平和映画祭』におけるユニークな映画たちに出会い、一方で吉本隆明の表現論から詩について考え、「福間健二詩集・秋の理由」に出会いつづけながら、柄谷行人の「可能なるコミュニズム」の議論を再読し、その可能性について吟味する時間が十分持てないまま、いまの生活を楽しむように、今年の夏の残暑に立ち向かう。

そんなおりに、糸井重里のテレビでの対談が楽しく、刺激的であり、「ほぼ日刊いとい新聞」を覗きながら、一昨日、生まれてはじめての「海釣り」に参画し、強烈な「日焼け」と疲労を伴う充実感を得て、「遊び」について思う。そして、いま、やはり、確実に秋を迎えたのだという実感を朝の「涼しさ」に感じながら、このメモに向かっている。(9月4日/午前6時45分)


○今回はDVDで見た。14インチの小さい画面で見た。ゴダール映画の記憶の断片から、これが「気狂いピエロ」ものだったかと確認するように見ていた。ここまで、書いて何について語ればいいのかと、はたと止まってしまった。いまこうして一週間後にワープロに向かっている。つまり、まず、「気狂いピエロ」ついて語りたいことが多すぎて、どこから話すのが、いいのか迷うのだ。とりとめもなく、印象を語ることから始めよう。これがいつもの方法でもある。


○この映画を少なくとも、映画館で3回は見ていると思う。もちろん、最初は、16歳の夏だった。新宿のアートシアター新宿で見た。ゴダール映画はこの「気狂いピエロ」が初めて見た映画になる。その後、「勝手にしやがれ」「男と女のいる鋪道」「恋人のいる時間」という過去の映画と「男性・女性」「中国女」「ウイークエンド」「東風」などという新しい映画も見ていくことになる。


○16歳の印象を言えば、待ちに待った映画(映画雑誌の載った広告を見ていただけだが、その「勝手にしやがれ」などの映画でヌーヴェルバーグと呼ばれていたことは、知っていたにちがいない)なわけだが、色彩もシチエーションも、いい感覚をしているし、ジャン=ポール・ベルモンドのだらしなさが、シャレていて、カッコイイと思った。

アンナ・カリーナは好きにはなれなかったが、フェルディナンも監督ゴダールも惚れて好きになったことがよく理解できた。映画がこんなふうにも存在できることも、凄いと思った。

「映画を見ている観客に言っている」とフェルディナンが言ったり、白い壁や殺人や鋏、そして海、海につっこむオープン・カーなど、見る前に思っていたり、期待していたものとは、違ったが、映画そのものに府に落ちるものあった。

ランボーなど引用やナレーションの意味はよくわからなかったが、当時二年遅れで見ていることも、ゴダールを誤解していることも、すべてをゴダールとして受けとった。(2000.9.4)

(キャスト)

ジャン・ポール・ベルモンド
アンナ・カリーナ


製作年:1965

映画館:自宅でDVDで見る。

マこれは、マイ・バック・ページ:P137「気狂いピエロ」の前段のメモであり、やはり、「映画入門」の一部としてある。(2002.10.29)

                         

 ホーム