映画タイトル:スペシャリスト-自覚なき殺戮者 監督・製作=エイアル・シヴアン PAGE 146

(スタッフ)

フランス・ドイツ・ベルギー・オーストリア・イスラエル

脚本=エイアル・シバン/ロニー・ブローマン

編集=オードリ・モーリオン

音響=ニコラス・ベッカー/オードリ・モーリオン

(コメント)

○アドルフ・アイヒマン。元ナチスのエリート中佐。ユダヤ人移送計画のスペシャリストと呼ばれた。

1961年に聖地エルサレムで裁かれた模様のドキュメンタリー。この男の心理が面白い。このような場面に立ち会うことの臨場感は、十分伝わるとともに、映画の機能としての力がまぎれもなく発揮されている。

編集という作業と音楽、音の選択そして翻訳と字幕などの作品化という過程に、作者たちの意識や方法論が介在する。


○有能な男であったことは間違いない。検事から意志決定に参画したのかという問いに、命令に従って、義務をはたしただけだと答える。では、あなたは必要ではなかったのではという問いに、上司も私同様に、勤勉であり、評価されて、昇進したように、私も勤勉だった。性格的なものも含めて上司からは評価されていたと思うと答えている。


○役人の世界が、今でも変わっていない。組織のあり方に古い体質を感じ、ぞっとするが、さらに、宣誓したことに逆らえなかったとも言うくだりに、とことん国家への忠誠が信じられている。だから、「あなたは犯罪者か」と問われ、「法律の元では、」というと「あなたの考えを聞いている」とやられ、自己矛盾に陥る。


○ひとりの裁判官が、異例だがあなたの母国語で質問するといい、ナチスとユダヤ人の関係が収容所に至るまでの経過を、整理し確認をしていたことに、感銘を受ける。人間の誠意というもののあり方が示されいる。


○証人が呼び出され、事実を語り、積み上げていく。裁判長は、裁判の意図を逸脱しないようにという注意があるが、見ている方は興味深い。(2000.8.26)



製作年:1999

映画館:横浜シネマ・ジャック

                         

 ホーム