映画タイトル:「映画史」 監督・編集:ジャン=リュック・ゴダール  PAGE 155

(スタッフ)

出演・声=ジャン=リュック・ゴダール

(コメント)

○今年の夏休みの初日にこの「映画史」(第一部は見逃していた。ビデオの部分が家にあるが)の4時間半を通してみる企画にでかけた。

お茶の水のアテネ・フランセに行くのは何年ぶりかだが、少し早く着いたので、ゆっくりあたりを歩いたり眺めたりして、ビデオキャメラ持ってこなかったことを後悔した。

ところで、この「映画史」は面白い。ゴダールはゴダールだと前回書いたが、さらにもっと「怒り」を露わにし、憤っているゴダールにまともに、出会うことになるのが、この「映画史」だ。

もともと一部二部はないのだが、とくに二部の冒頭でのナレーション(ヴィクトル・ユーゴから引用だが)で怒っている。この休みには、とにかくこの「映画史」につきあうことにしたい。

「映画とはなにか」がテーマだが、この「映画史」に鼓舞されて、わたしの「映画入門」もあるのだ。映画について考えるとき、ゴダールの脈絡に引きずられて、「文化」全般を語ることにもなる。一章からテキストの力を借りて見ていくことにしよう。(2000.8.4)

○その後、この「ネット・リュミール」の生みの親でもある「ゴダールの映画史」そのものへのアプローチは進んでいない。うーん、2年も経つのか。いま、ビデオも手に入れているので、もう一度見直して見たいのだが。(2002.12.7)

 


公開年月日:1999

マこれは、1998ー1998の10年間かけてつくられたビデオ作品である。日本でもすでに、一部がビデオ放映されていた。ヨーロッパでは、毎週一作ずつ8週間にわったて放映が行われた。

マ劇場での公開は、2000年5月に、世界初として、渋谷の「ユーロ・スペース」で行われた。一部と二部の分けての上映だったので、このときは、二部だけ見ることができた。

マ全8章、4時間半。    

会場=アテネ・フランセ文化センター

                         

 ホーム