映画タイトル:エリン・ブロコビッチ監督:スティーブン・ソダーバーグ脚本:スザンナ・グラント PAGE 161

(スタッフ)

製作=ダニー・デ・ヴィート、マイケル・シャンバーグ、ステイシー・シャー

製作総指揮=ジョン・ハーディ、カーラ・サントス・シャンバーグ

共同製作=ゲイル・ライアン

撮影監督=エド・ラクマン

美術監督=フィリップ・メッシ−ナ

編集=アン・V・コーテス

衣装デザイン=ジェフリー・カーランド

音楽=トマス・ニューマン

(コメント)

○5月の末に見逃してから気にはなっていた映画である。ということは、一ヶ月以上もやっているということである。ちょっと驚く。

この監督が若くしてカンヌ映画祭のグランプリをとった「セックスと嘘とビデオテープ」にいい印象はないが、そんな監督がアメリカのメジャーな監督なっていたなんて知らなかったのだ。

「アウト・オブ・サイト」という映画も知らないがとにかく関心を持ってみることになった。


○まず、色彩がみごとに統一されて黄昏どきの光と色合いを基調に映画の色が考えられていて気持ちがいい。音楽もいい。

いい音が大画面に心地よく鳴っている。それは、美術も含めたキャメラマンなどスタッフのよさが一級の娯楽映画にするとともに、「働きすぎる」悪弊や教養主義などに対しての批評性や公害問題という社会性うまく織り交ぜた痛快なサクセス・ストーリーになっている。ジュリア・ロバーツは特にフアンではないが好感が持てた。


○ソダーバーグの映画感覚は優れていると同時に方法論を持ち得ている数少ない映画監督のひとりに違いない。映像で語ろうとしているセンスが随所に見られる。


○二度の離婚と幼児を含めた3人の子持ちといい、派手なスタイルとマイナスのイメージやゴキブリとの格闘など最悪の生活環境など見るものをしっかり納得させながら、対照的な心優しい男に「仕事」をやめればいいと問いかけられながらも、とにかく大訴訟を勝ち得たパワーが圧倒的だ。(2000.6.29)

 

(キャスト)

ジュリア・ロバーツ
アルバート・フィニー

制作年:2000

映画館:ワーナーマイケル
みなとみらい

                         

 ホーム