映画タイトル:ゴースト・ドッグ 監督・脚本:ジム・ジャームシュ PAGE 177

(スタッフ)

製作=米・日・仏・独合作アメリカ映画

製作=リチャード・ゲイ/ジム・ジャームシュ

撮影=ロビー・ミュラー

音楽=RZA

サウンド・デザイン=チック・チッコリーニ。

録音=ドリュー・クーニン

編集=ジェイ・ラビノビッツ

美術=テッド・バーナー

(コメント)

○ジム・ジャームッシュの久々に見る映画なので期待してみた。ヒップポップの曲に「葉隠れ」を読む主人公ということでも興味をそそられて見た。これは、いわゆるハリウッド映画ではなく、ジム・ジャームッシュの世界なのだ。それは、映画全編にいきわたり、ハードでタフな展開を見せる。

物語を語る口調を期待してみると裏切られるだろうし、「葉隠れ」武士道をもって、マフィアと渡り合う主人公に簡単に感情移入することは難しい。監督はマフィア、黒人、こども、他国籍他民族、そして鳩や熊にまで等価なやさしい心情を喚起し、用意周到な惨殺後に、主人公を「武士道とは死ぬことと見つけたり」と死に向かわせる。しかし、このラストの心情は、優れたあまたある「日本やくざ映画」バリエーションにはかなわないだろう。


○印象に残った二つのこと。
(1)「葉隠れ」とあわせて「藪の中」を読んでいて、感銘を受けたと主人公はいい、マフィアの親分の娘がそもそも読んでいたという設定がおもしろい。
(2)英語が話せない外国人とのそれぞれの母国語での会話で十分伝わってるという設定もおもしろかった。それにもうひつ、マフィアの親分や娘が、部屋や車の中で「フィリックスくん」などのアニメを見ていたその内容を映画の一部に取り入れていることなどやはり普通の映画とはちがった趣にできあがっている。


○映画としての評価としてはものたりなかったというのが正直なところだ。(2000.3.25)









 

(キャスト)

フォレスト・ウィテカー



製作年:1999

映画館=横浜関内アカデミー

                         

 ホーム