映画タイトル:レネットとミラベル/四つの冒険 監督・脚本:エリック・ロメール  PAGE 241

(スタッフ)

製作国=フランス

撮影=ソフィー・マンティニュー

音楽=ロナン・ジレ ジャン=ルイ・ヴアレロ

(コメント)

 これは、スケッチ映画に分類されている。確かに16ミリから35ミリへのブローアップされたもの。これは、初期のゴダール映画のように、映画はこんなふうに撮ればいい、ということを語っている。本当に必要最低限のスタッフで街の中へ飛び出していく。そして、どの映画も主人公と他者の出会いが、唐突だが、映画が始まってから出会うことになっている。そのきっかけもロメール映画の楽しみだ。まあ、偶然ってあるものだし、紹介されたり、こんな出会いはおかしいなんておもわせるものもあるが不自然であっても、主人公の運命として、紹介されなくてもきっと出会っていたに違いないと思わせる。そんな奇跡が起きる。

 この映画では、田舎道を自転車端で走っていくる。タイヤがおかしくて自転車を降りて、道路の脇によって、自転車を倒して、タイヤに空気入れる、どうもパンクしているらしい。そこへ娘が通りかかる。「パンクを直してあげる」といって、娘の住む小屋へ案内される。こんな出会いから、パリでふたりは、ルームメイトとして住むことになる。こうして映画は始まり、展開する。

 映画は、「青の時間」「カフェのボーイ」「詐欺師、物乞い、万引き」「絵を売る」の四つに分かれているが、田舎での自然との交歓から、パリという都会での生活が描かれていく。その体験と会話(議論というか、本当によく喋る。違う映画だが中国人もよく議論する、もっと大勢だが)。ラストは、画商に絵を売りにいくのだが、画家である娘が口がきけないことが、ポイントになって、偶然居合わせた娘が画商に議論をふっかけて、ものすごい言い合いになるが、結局2000フランで買わせる。うまくいったと二人は帰るが、他の客に「その絵」売り物かと聞かれて画商は咄嗟に、4000フランと答え、エンド。

 これで、この分類の映画「パリのランデブー」(1994)、「木と市長と文化会館または7つの偶然」(1992)は、見たことになる。(1999.3.18)

(キャスト)

ジャエシカ・フォルド
ジョエル・ミケル
マリー・リヴィエール
ベアトリス・ロマン
フアブリス・ルキーニ



公開年月日:1989.7
制作年=1986

映画館=高田馬場ACTミニシアター

                         

 ホーム