映画タイトル:尾崎翠を探して-第七官界彷徨監督:浜野佐知 脚本:山崎邦紀 PAGE 244

(スタッフ)

企画=鈴木佐知子

製作=松岡誠

撮影=田中譲二

音楽=吉岡しげ美

録音=小関孝

照明=上妻敏厚

美術デザイン=奥津徹夫 星埜恵子

(コメント)

 女性映画祭の2日目。この日も、大船駅からバスで、江ノ島に向かった。よく晴れていて、快適である。途中、富士山もよく見えた。深沢、鎌倉山、竜口寺、江ノ島海岸(上をモノレールが通っている)へでる。「きれいだ、海だよ。」女の子が声を上げる。陽に照らされた海が広がる。

 さて、映画だが、ピンク映画を300本もつくっている女性監督だということで、期待してみた。残念ながら、テーマが「尾崎翠を探して」ということで、仕方のないことだが、尾崎翠がこういう人だったとういことがわかってもらう映画になってしまっている。
 ここでも再現ドラマ風で、リアリティを欠く。「現代」もなんだか変だ。よくわからない。二人の女やロックバンドにも、なにも感じ得なかった。そして、「第七官界彷徨」編の柳愛里はいい。しかし、よくわからない話になっただけのようがする。とにかく、この3部構成を入り混ぜて展開し、どうにも、つまらないモダニズムに足を掬われているとしかいいようがない。

 なんとかいい場面を救い出したいが、困った映画だ。白石がミスキャストだろう。芝居じゃないんだから、映画で若返らすのは酷だ。柳を全編で使って、小説の原作を抜け出して見せればよかった。結果「尾崎翠」が浮かび上がるようにすればよかった、と思うが、果たして、尾崎自身の映画化への夢は叶えられたのだろうか。(1999.2.28)

(キャスト)

白石加代子 
吉行和子 
柳愛里

公開年月日:1999.7.3
(岩波ホール)

会場=神奈川県立かながわ女性センターホール「第5回江の島女性映画祭」

                         

 ホーム