映画タイトル:アイ ウオン トユー 監督:マイケル・ウインターボトム 
脚本:ユアン・マクナミー PAGE 266

(スタッフ)

製作国=イギリス 

製作=リボリューション・フィルムズ

製作=

撮影=スラヴォミール・イジャク

音楽=エイドリアン・ジョンストン

衣裳=レイチェル・フレミング

(コメント)

 なんども予告編を見せられて、色彩に凝っていることに、魅力を感じていた。こんな画面をどう続けていけるのか、期待させる。そして、エルビス・コステロの曲「アイウオントユー」の挿入と、バンドをバックに歌う女性ボーカルの雰囲気と歌の声も、魅力的だった。じゃあ、あとは、どう映画にしてくれているのかと、ぜひ、見たいと思わせるには、十分効果のある予告編である。

 「港町ヘイヴン」が、色彩豊かに描かれるが、しかしそれは人工的でポップアート風であり、しかも異様であり、どこか寂しく切ない。そして、夕暮れか、朝焼けか、弱い光につつまれている。何故なら、それは、この映画が男の切ない愛の物語だからだ。

 「アイウオントユー」という言葉も、タイトル、歌の定番だし、あぶらがのっているとき書かれたり、歌ったりすることが多く、いい曲も多いはずだ。「君がほしい」と歌う。ボブ・ディランや吉田拓郎にもある。そん中で、このコステロの歌が一番切ないということに、監督は、知っていて、しかも、本当に切ないセックスシーンを作り出してしまった。ただ、見ている方は、事情がすべて飲み込めていないことから、なんだったんだ、あれは、って、具合に後で気がつく。

 これは、話の展開が、謎解きで引っ張るかたちをとっているため、「愛していると言ってくれ」と迫る純情を隠しながら最後まで恐怖感を持続させ、殺ろされる惨劇までを招き寄せて見せ、真実を明らかにする。男は禁欲的に彼女への純愛を守る。娼婦たちや話すことをしない少年のだれとでも寝る姉のスモーキーにきわどく攻めれられても手を出さない。しかし、愛する彼女からは拒絶され、終いには殺される男は、悲しすぎる。

 しかし、監督は情緒的に描くことはしない。殺した彼女は正当防衛だとする社会と船出した彼女を突き放して描いて、難民の子供であるスモーキーと話さない少年の姉弟たちに自由と真実を託している。

 この映画にある三通りのセックスシーンについて。
1運動のために立ったまま、やろうよとせめられ、強姦まがいになる。うまくいかない。彼女は他の親しい男ともセックスを拒んでいる。2姉スモーキーの男ともだちとの自由に楽しむセックス。3愛してくれない女との切ない悲しいセックス。ちょっといま、気がついたが、彼女は人を愛せなくなってしまっている。14歳でのセックスと父親ごろし。4金で買ったセックスが番外か。(1999.2.4)

 

(キャスト)

レイチェル・ワイズ 
アレサンドロ・ニヴオラ



製作年:1998

映画館=横浜・関内アカデミー

                         

 ホーム