映画タイトル:黒蜥蜴 監督:深作欣二 脚本:成沢昌茂 深作欣二  PAGE 281

(スタッフ)

製作=松竹(大船撮影所)

製作=織田明

原作=江戸川乱歩

戯曲=三島由紀夫 

撮影=堂脇博

音楽=富田勲

美術=森田郷平

録音=田中俊夫

調整=佐藤広文

照明=三浦礼

編集=浦岡敬一

メークアップ・アーチスト=工藤貞夫

(コメント)

 深作監督のあいさつがあるというので、12時半前にいく。
 質問に答えて、自分ではどの作品も子供みたいなものなので、どの作品がいいなんてないが、良いときに出られた作品とそうでないものがあるだけだか、やはり「仁義なき戦い」、「蒲田行進曲」などは上手く時代に迎えられた。「狼と豚と人間」は会社には、理屈っぽくて見る人が白けていると叱られた、思い出がある。さらに、なぜ、「仁義なき戦い」を撮ることになったのかという質問に答えて、終戦を水戸の中学三年で迎え、闇屋の屋台ややくざの殴り合いなど鮮明であったし、先生も何を教えて良いのかわからくなっていた、そんな時代を過ごしたことが元にある。それで、たてつづけに5本撮ることになる。役者も室谷、川谷が本当におもしろがって、颯爽と役をやっていた、そんな勢いもあり、見るものも深夜映画では、かけ声をかけて見てくれた。「映画は同じフィルムなんだが、劇場にかかってはじめて見る人がよくしてくれることが本当にあるものなのだ。」と話す。70年代は良かったが80年代、90年代は、その意味でも観客に元気がなくなった。特に若い人に。あと、ペキンパーの話と「おもちゃ」で主演の宮本真希が外国で賞とったことなど、当初5分位の予定を15分ぐらいやったが、59本も撮っている監督に話を聞いたら話がつきないし、面白いと思った。

 こうして31本もまとめて上映するなんてことは、画期的なことなんだと、しかも、これが、日本の監督シリーズで16人目になるなんて、日本映画の凄さをあらためて思う。映画館での上映があってはじめて話がはずみ、つきない。ジャックと福寿さんに感謝。そんな話を聞くパートもつくっても良いのではないか。慶応大学で先生が授業の一環ではじめたとも聞くが。
 
 さて、映画の方だが、これは、どうしても、丸山明宏のために書かれた三島の原作であることから自由ではありえないが、これは、また、さすがに、まぎれもない深作監督作品にはなっている。それは、つくりものとしての美しさとして丸山明宏を美しく撮り、つくりものの世界をもっと金をかけて作り出したという願望は、深作のものだと思う。箱に人形のように裸でしまわれた松岡きっこの裸体を美しく撮っているのも、そうだと思う。これは、「蒲田行進曲」へ繋がる。それは、ハリウッドであり、映画の夢のひとつであることを、このアクション監督は承知していると、ちょっとこの時点では、深読みかもしれないが、興味がつきない。そして、石井輝男とクロスする資質もここに見られたことを指摘しておこう。また、「仁義なき戦い」のまえの時代劇からつづく任侠映画の東映京都に触れて、昨年暮れに亡くなった山下耕作が同い年でもあり、その美学があったことを、「総長賭博」「関の弥太っぺ」を例にあげていた。(1999.1.9)

    

 

(キャスト)

丸山明宏 
木村功 
川津祐介 
松岡きっこ


公開年月日:1968.8.14

映画館=横浜・シネマジャック シリーズ日本の映画監督「深作欣二監督特集」1999.1.2-2.16

「おもちゃ」「必殺4・恨みはらします」「いつかギラギラする日」「上海バンスキング」「蒲田行進曲」「華の乱」の深作欣二監督作品を、ルールどおりアップしてきて、次にすすもうとしたとき、どうも、この「特集」で見た作品のすべてが、いいというわけにはいかなことや深作映画へのじぶんなりの再評価がどうコメントされているのか不安になった。そこで、1986年「火宅の人」、1982年「道頓堀川」から、1973年「仁義なき戦い」を挟んでの1964年「狼と豚と人間」「ジャコ萬と鉄」までの22本のコメントをチェックしながら、まとめてアップすることを思い立つ。すべての深作作品を見ているわけではないが、悪戦苦闘する映画会社の撮影システムの中で、映画をつくりつづけていたパワーを十分に受けとめてほしいと思う。マ深作欣二=1930年7月3日生まれ。日大芸術学部映画科卒業し、1954年東映入社し、61年6月監督デビュー。マキネマ旬報のベストテンなんかどうでもいいと、当時は馬鹿にしていたのだが、深作作品に対する映画関係者の評価を知るのに参考になると思い覗いてみる。「軍旗はためく下に」が1972年に2位に入っている。どうもこれが最初のようだ。この映画は、結城昌治の原作権を自ら獲得し、新藤兼人に脚本を依頼し、東宝で映画化した意欲作である。この翌年の73年には、「仁義なき戦い」が2位、「仁義なき戦い 代理戦争」が8位となっている。そして、74年には、第三作目「仁義なき戦い 頂上作戦」が7位、75年には、渡哲也主演「仁義の墓場」が8位となっている。当時、映画「仁義なき戦い」の評価は、なかなか難しかったと思うが、当時の、私なりの評価は、ベストテンに入っていないのだが(特集では見逃している)、第二作目の「広島死闘篇」が一位で、次は「仁義なき戦い」ではないが、「仁義の墓場」となる。いまなら、第一作目を高く評価するとともに、「完結篇」までの「仁義なき戦い」5部作を脚本家・笠原和夫をはじめとし、キャメラマン・吉田貞次などのスタッフ、キャストが支えた共同作業であり、さらに観客まで、十分に取り込んだ「映画の夢」を実現して見せた「奇蹟」であると評価したい。ベストテンというのはどうも、一位にならいと意味のないところもあるのだが、この5部作が、70年代日本映画の「ベストワン」であるともいえるのではないか。(2003.5.10)

                         

 ホーム