映画タイトル:盲獣 監督=増村保造 脚本=白坂依志夫  PAGE 79

(スタッフ)

製作=大映

企画=仲野和正/藤井浩明

原作=江戸川乱歩

撮影=小林節雄

音楽=林 光

美術=間野重雄

照明=渡辺長治

編集=中静達治

衣裳=高岡佐知子

(コメント)

○いまほど客観的には見られなかったように思うが、これも当時見ていると思う。間野重雄の美術が前面に押し出されている。盲目の彫刻家・船越を溺愛する母親・千石は、倉庫を改造し、アトリエ作り上げている。ここには、目や乳房、女体などの大きなオブジェに配置され、人工的な密室空間が作り出されている。街から隔絶された倉庫の外形。これらは間野美術の世界であるとともに、江戸川乱歩であり、増村監督の世界なのだろう。好みを言わせてもらえば、あまり好きではない。

○写真モデルとして、女が自立した生き方をテーマにした、刺激的なヌード写真を公開し、話題になっていた緑魔子。写真展に置かれた彼女をモデルにした彫刻を触ることで彼女が理想のモデルだと知る。船越は母親と共謀し誘拐する。緑魔子の体を触るという感覚、触覚をもとに、じぶんの彫刻作品を完成させたいと純粋に願っている。

○緑魔子は逃げ出すために船越を誘惑するが、母親の死後、ふたりは触覚人間として愛し合うようになる。緑魔子の目も見えなくなる。傷つけあうことでしか快感が得られなくなっていく。最後には緑魔子は、手足を切断してくれと頼み、船越は言われたとおりに実行する。まあ、ここは、船越の彫刻作品の手足をもぎ落とすというように描かれ、船越も腹を包丁でついて絶命する。人間の極限までの愛を突き詰めたひとつのかたちだということか。

○性の極限、愛の極地、死に向かって生きていく、エロスと死、進化と退化、まあ、狂気すれすれの船越の盲目青年の演技は、特筆に値するが、人間が生きていることの恐さは描ききれてはいない。(2001.4.14)

(キャスト)

緑魔子 
船越英二 
千石規子

公開年月日:1969.1.25

映画館:横浜シネマ・ジャック「日本映画大全集Part3」「若尾文子と増村保造」

                         

 ホーム