映画タイトル:でんきくらげ 監督=増村保造 脚本=石松愛弘 増村保造 PAGE 87

(スタッフ)

製作=大映

企画=関幸輔

原作=遠山雅之「悪女の手口」

撮影=小林節雄

音楽=林光

美術=矢野友久

録音=須田武雄

照明=渡辺長治

編集=中静達治

(コメント)

○この映画は同時代で見ている。印象はあまり変わりない。根岸明美の母親役がいい。ここらにうまく注目してみれば、カサヴェテスなどの映画にもひけを取らない。つまり、この母親は、「キャバレー」のホステス稼業で「人の良さ」から、駄目な男に弄ばれるふしだらな女として、年を重ね、娘を真っ当に育てることを生き甲斐にしている。若いホステスからは、疎まれても図々しくしたたかに生きている。同棲している男が、娘の渥美を無理矢理に関係を持ったことで、逆上して、根岸は男を刺し殺す。こうしてのこのドラマが始まる。渥美は、母親の恵まれない人生から、人間としての「やさしさ」などを受け継ぎ、ここでもしたたかに生きてみせる。愛してもいた川津祐介の子どもを堕胎し、よろけて川津に会いにいって、人間としての誠意を裏切ったことを詰る(社長の妾になることを結果的にすすめたことになる川津だが、まあ、これで、渥美に財産が入る結果にもなったし、ふたりは肉体的に強く結ばれる一夜を過ごしたのが)。また、男なんかに頼らずに生きていくということを刑務所の母親に告げる。

○「でんきくらげ」というタイトルからも、どうも、増村らしい映像のつくりにはなっていない。どうも、ここらは、予算などの関係で美術に力が入っていないのか、どうも安っぽい映画になっている。話と映像をうまく転がしていくという職人的仕事において、天才的である増村監督作品の中で、ストーリーと主題は明確だが、映像に力がないということか。撮影が小林節雄、音楽が林光だというのも、あまり生きていない。(2001.4.1)

(キャスト)

渥美マリ 
川津祐介
永井智雄 
西村晃 
根岸明美


 

公開年月日:1970.5.1

映画館:横浜シネマ・ジャック「日本映画大全集Part3」「若尾文子と増村保造」

                         

 ホーム