SPACE1  

映画タイトル:夜明け前 監督:吉村公三郎  space61 

(スタッフ)

製作国=日本

製作=近代映画協会・劇団民藝

配給=新東宝

製作・脚本=新藤兼人

原作=島崎藤村

撮影=宮島義勇

音楽=大澤寿人

録音=石原貞光

美術=丸茂孝

(コメント)
 
 約一年ぶりに見る映画が、この「夜明け前」ということになった。なかなか書き出すのに苦労している。それは、製作が日本映画協会と民藝で、製作・脚本が新藤兼人になっている。製作に新藤兼人と名があることに、どうしても、この近代映画協会の成り立ちに興味がいくとともに、この1953年の吉村公三郎監督作品というのは、どのあたりに位置するのだろうと思いながら、また、島崎藤村の「木曽路は、すべて山の中にある。」という原作は、いつ頃書かれたのだろうかと確認したり、映画は、そのあとも、原作どおりに、映画は木曽路の風景にかぶせて、宇野重吉のナレーションで、「あるところは岨づたいに行く崖のの道であり、あるところは数十間の深さに望む木曽川の岸であり……」と続く。

 原作は1935年とわかる。吉村監督は、その前年に無声映画「ぬき足さし足」という映画で監督デビューしている。その後も、島津保次郎監督の何本かの助監督を務めているといった頃にあたる。いわば、藤村の晩年を同時代で知っていることになる。映画は長編歴史小説に倣い、142分という長い映画である。それは、木曽路の風景、自然の四季が撮り込まれ、馬籠などの現地のロケやセットでの撮影など、独立プロの作品として予算をかけた大作だったと思える。さて、映画としてどう評価していいのだろうかと悩ましいのだが(それは、どうも原作に忠実につくられているという印象だが、いま、原作にあたってみる余裕がない。)、吉村=新藤のコンビとして見れば、時代の流れに翻弄され、新政府への期待も裏切られ狂気にいたる青山半蔵の悲劇を描くことで、半蔵という人間への共感と時代への批評でもあったのかと推し量ることもできる。それは、半蔵に理解を示す子どもから娘へと成長し、半蔵と行動を共にする娘・粂(乙羽信子が演じるのだが、彼女の登場でこれが映画なんだよなと、久々に見る映画としてうれしくなって見ていた)に象徴的に表れている。

 どうも、これ以上に映画の内容に踏み込めないのだが、いま、手元に、新藤兼人の「我が独立プロ20年」という1970年に書かれた一文があるので、この「夜明け前」に触れている箇所を紹介しておこうと思う。「吉村君の演出は密度のこまかい描写力で充分成果をあげていたが、初日のフタを開けてみると興行的に惨敗であった。歴史映画というものは日本映画でうけたためしがないのだが、「夜明け前」も例外ではなかった。三千万かかったこの映画は結果的に一千万の損をすることになった。」

 近代映画協会は、新藤兼人と吉村公三郎らが、松竹から独立して、1950年3月22日に、銀座に仮の事務所を開く。そして、いわゆる自主制作に入るのは民芸との共同製作であるが、新藤兼人監督「原爆の子」(1952)からである。「〈原爆の子〉は興行的には成功した。儲かったらギャラをわけあおうといった民芸も近代映画協会も封切後間もなくギャラをもらうことができた。そして更に分け前が残った。その金は分け合わないで、吉村君で“夜明け前”を撮ろうと決めた。」(同「我が独立プロ20年」から) (2005.2.20)



 

 

(キャスト)

伊達 信
細川ちか子
滝澤 修 
小夜福子
乙羽信子
宇野重吉
山内 明
北林谷栄
菅井一郎 


公開年:1953.10.13

映画館:川崎市市民ミュージアム

           

  ホーム