SPACE1  

映画タイトル:青い棘 監督:アヒム・フォン・ボリエス space70 

(スタッフ)

製作国=ドイツ

製作=xフィルム・クリエイティブ・プール

製作=シュテハン・アルント クリストフェ・マツォディーア マヌエラ・シュテーア

原作=アルノ・マイヤー・ツー・キュンドルフ「自殺クラブ」

原案=アネッテ・フェス
アレクサンダー・プフォイファー

脚本=アヒム・フォン・ボリエス ヘンドリック・ハントレークテン

撮影=ユッタ・ポールマン

美術=ウルリカ・アンダーソン

衣装=ニコル・フイッシュナラー

音楽=トーマス・フアイナー インゴ・L・フレンツェル

編集=ゲルガーナ・フォイクト アンティェ・ツュンガ

録音=ペーター・シューマッハー

(コメント)
 重苦しく息をする音が響くのに合わせるように獄中の階段を後ろ手にされてゆっくり歩みをすすめてくるパウル。後ろには監視官がついている。取調室で「何故、お前だけが生き残ったのか」と質問され、「何も知らないくせに」と吐き捨てるように言うがどこか虚ろな目している。ただならい事件に遭遇したのだろう。ここから、パウルのナレーションで事件へと映画は導かれていく。
 パウルと親友ギュンターは、夏の週末にギュンターの親の別荘で過ごすことなる。パウルは、ギュンターの妹ヒルデに会えることを楽しみしている。そこにヒルデが惚れているコックのハンス、そして、ヒルデの友達でパウルに好意を寄せるエリ、そしてギムナジウムの学友たち、ヒルデの女友達たちも集まり、土曜の夜から朝までの野外パーティとなる。緑の木々に囲まれた庭、近くにはボートも漕げ、泳ぐこともできる湖もある。金持ちのギュンターと貧乏人だが詩を書くパウルは親友でお互い惹かれ合っている。ギュンターは妹ヒルデには天才だと話している。
 「ぼくらは一番美しい瞬間にこの世をさるべきだ。この絶頂の時に死ぬ。それは愛のために死ぬことだ。」と若い二人は話し合っている。
 貧乏だが繊細で詩を書くパウルと親友のギュンター。パウルは妹エルデに好意持っている。ヒルデは野蛮で傲慢そうなコックのハンスに惚れ、ギュンターは妹とハンスとの関係を嫌い、パウルと付き合わせたいと思っている。ヒルデの女友達エリはパウルに好意を持っている。兄ギュンターは、酔った勢いか、ハンスと殴り合いながら唇を求められ応じる。エリはヒルデが好きでも良いからパウルに抱いてくれと迫る。そして「憐れんだりしないで」という。パウルは強く頷き応じる。
 青春は普遍的である。この映画にどこか近似した夢を生きた記憶が痛みとして誰にでも蘇ってくるのではないか。人間が愛することの甘味な残酷さと美しさと儚さをこの5人の若者が体現して見せる。青春の美しさ哀しさを描き、ここに新たな青春映画の傑作が生まれたといったら褒めすぎだろうか。音楽もいい。
 映画は、始めにパウルの取り調べ場面、そして終わりに判決の裁判シーンを置くことで、映画の客観性と「事件」のわからなさうまく描き出すことに成功している。それは、パウルが最後に「意義を見いだしえなかった」という言葉が、亡くなったギュンターとハンスの関係が本当ところ二人にしかわからないことであるという事実を端的に表し、映画は、この事件のわからなさをそのまま「わからなさ」として見せることで、傍聴席で涙を流すヒルデと共に無罪を言い渡されたパウルに優しい視線を注ぐ。

 映画を見る前と見た後、そして昨日の座談会というように、アヒム・フォン・ポリエス監督が熱心に映画を語る肉声を聞いているうちに、一層、この映画の理解が深まってきたと感じる。なかなか、わたしにとっても、忘れらない青春映画の一つになった。そして、もう一度見てみたいと思った。1927年のベルリンで起きた有名な事件を題材にしている。
(05.6.6)

(キャスト)

ダニエル・ブリュール
アウグスト・ディール
アンナ・マリア・ミューエ
トゥーレ・リントハルト
ヤーナ・バラスケ



製作年:2003

ドイツ映画祭2005
「映像の新しい地平 特別編」2005.6.4-12
有楽町朝日ホール

           

  ホーム