SPACE1  

映画タイトル:豚と軍艦 監督:今村昌平  space86   

(スタッフ)

製作=日活

製作=大塚和 

脚本:山内久

撮影=姫田真佐久 

音楽=黛敏郎

美術=中村公彦

照明=岩木保夫

録音=橋本文雄

編集=丹治睦夫

スチール=斎藤耕一

助監督=浦山桐郎

(コメント)
 この映画をスクリーンできちんと見るのはどうも初めてのようだ。テレビで全篇を見たのか部分的に見たのかどうも記憶は定かではないが、ああここは見たよと思わせる場面がある。

初めに少し、シネマ・スコープ・サイズ/35ミリ/白黒というフイルムを映写機でスクリーンに映し出されたものを見ていることにふれておこう。白黒の映像がフィルムの痛みもなく再現され、撮影(姫田真佐久)と照明(岩木保夫)が生きた映画を創り出す力になっていることがわかる。そして、このシネマ・スコープ・サイズをうまく使って画面を切り取って見せることにも意識的だ。それは全篇に効果を発し、何度でも繰り返し見たいと思わせるものがある。これはDVDやビデオでもいくらかは感じられてもすべてというわけにはいかないだろう。横須賀のどぶ板通りを広々と捉えて、大きな外車も余裕で走らすスケールの大きさは、たくさん豚の暴走というクライマックスでも威力を発揮する。

 好き嫌いを言えばとにかく吉村実子がいい。役柄からももすべて彼女の存在がこの映画を支え魅力的である。話題にもなったカメラが真上から撮られて、回り出すシーンも、この吉村が自暴自棄になってアメリカ兵たちに乱暴されるホテルの一室のシーンでもある。そしてラストでも、無惨な死に様を見せたチンピラの恋人(長門裕之の軽さがいい)とは対照的に、表向きアメリカ兵が溢れ活気と賑わい見せ始めようとするこの「横須賀・どぶ板通り」から敢然と背を向け歩き出すというように描かれる。吉村は「にっぽん昆虫記」でも重要な役回りを演じることになる。そして、今村映画の常連となる殿山泰司、西村晃、小沢昭一、加藤武を中心に、それぞれの役者が本領を発揮している。病弱な兄貴分の丹波哲郎、気が弱そうでずる賢い三島雅夫、そして、東野英治郎、南田洋子、山内明、中原早苗、菅井きんと「あんたでなくては」という役どころを担って見せる。脇役にも十分に目配りした映画づくりは映画のどのシーンにも緊張と活気を与えている。

 すべてを洗い流そうと洗濯し衣類を干しているブラジャー姿の吉村が長門裕之と出直そうと誘い、寄りを戻すというシーンは印象的だ。でも長門はチンピラ根性を抜け出せない。長門の父親役が東野英治郎なのだが、吉村とは仲が良く、ふたりで長門の将来を心配している。
 
 ここで浦山桐郎監督の「キューポラのある街」での吉永小百合に反発される東野の父親役を思い出した。川島雄三、今村昌平、浦山桐郎と繋がる映画表現の意味をあらためて考えてみたいと思う。(2005.9.16)

(キャスト)
長門裕之
吉村実子
三島雅夫
丹波哲郎
大坂志郎
南田洋子
佐藤英夫
西村晃
殿山泰司
城所英夫
小沢昭一
加藤武
奈良岡朋子

公開年月日:1961.1.21
白黒/シネマスコープ・サイズ/35mm/108分

映画館:川崎市民ミュージアム「今村昌平の世界」


           

  ホーム